サービス一覧

不動産投資(アパート経営など)は、不労所得型のビジネスとして行いやすいと言われています。
不労所得型のビジネスは、直接的な労働をすることなく収入を得るビジネスであり、一般的には、業務を外注したり、社員を雇うなどして実現するものですが、不動産投資についてもそれが可能です。
ただし自分でさまざまな業務を行うケースでは、労働集約型のビジネスになってしまい、売り上げを伸ばすことに専念することができなくなってしまう恐れがあるので注意が必要でしょう。
しかし、リフォームを行う際のDIY作業などを自分で行えばコストを削減できますし、DIYや水道工事などを趣味の範囲で行うだけであれば問題ないと言えるでしょう。
また、不動産投資を行う場合は、管理会社(入居者の管理)や工務店(リフォーム)などの外注先も多いため、それらの業者へ業務を全て委託するような仕組みを作ることができれば、ほとんど労働することなく収益を得ることが可能になります。